FIRE FX

引くだけで1,000万円稼げる!FXの機能する水平線の引き方。

引くだけで1,000万円稼げる!FXの機能する水平線の引き方。はいどうもこんにちは、こんばんわ。30代で完全にFIREしたナニモカです。

FXで最強の手法と言ってもいいくらい勝てる水平線。ナニモカは水平線以外のテクニカルをほとんど使ってない。

でもね。週単位や月単位で見れば負け知らず。右肩上がりに資産をふやせてんの

どうして水平線だけで勝てるのかっていうと、見てる人が多いから。世界中の人に使われてる手法なんで=だいたいそこで値動きが止まるか反発するわけ。

ただ水平線も適当に引いただけでは機能しない。ちゃんと反発する、またはサポートになる線を引く必要がある。

てなわけで今回はちゃんと機能する水平線の引き方について解説します。わかりにくいなところがあればTwitterでも回答するよっ!

 

超機能する水平線のかんたんな引き方

超機能する水平線のかんたんな引き方一目均衡表やフィボナッチなんかも使えるっていえば使えるが、別になくてもそんなに困らない。

FXで一番大事なのは水平線。昨日始めたばかりの初心者でもわかるくらいシンプルだし、専業トレーダーも使うくらいの利用者の多さ。

水平線には、FXトレーダーの夢と希望と怨念と恨みがこもってる。確実に利益を上げるための最終兵器なんでぜひマスターしてほしい。

 

水平線だけで1週間で+946万円

水平線を引くポイントがわかれば、ただ線を引くだけ。こんなにかんたんで、稼げる投資が他にあるだろうか?いやない(反語)

とは言っても他にも、移動平均線やトレンドラインなんかの根拠があったから少し大きめにトレードできた。

水平線だけでも十分に勝率を上げられるので、機能するラインを引き方を見てみよう。

 

長期足を見て水平線を引く

水平線を引くときは長期足を見る。ナニモカは、月足から攻めていくのが基本。

長期足を見て水平線を引く

二回以上反転した箇所を水平線で結ぶだけ。2014〜2020年の期間でラインを引いてみた。

水平線を引いた後のFXチャート

ドル円なんて1日に10円上がることもないから。99円や123円の水平線なんて引いてどうなんの?なんて人もいるだろう。

でも水平線の基本。FXの基本について確認するために、ラインを引いて見よう。

 

水平線が機能してるか短期足で確認

先ほどの2013〜2020年の月足で引いた水平線が機能してるか短期足で確認する。日足で表示するとこんな感じ。

水平線が機能してるか短期足で確認

と、こんな感じ。だいたい合ってる。というよりピンポイントで反転場所を当てられたので爆益を出せた。トレンドラインやRSI移動平均線を組み合わせればさらに強い根拠も出せる。

トレンドラインや移動平均線を組み合わせる

トレンドラインで反発したらエントリー。慎重にいくなら順張りの方向に移動平均線を抜いたらポジションを持つだけ

  • 利益を確定するのは次の水平線手前かトレンドライン手前
  • 損切りするときも水平線かトレンドラインを割ったときに

面倒な分析をしなくてもトレード前の数分で準備できる水平線。一度引けばしばらく使えるので、ぜひ挑戦してほしい。

 

水平線を使ってさらにFXの勝率を上げる方法

水平線を使ってさらにFXの勝率を上げる方法水平線は、安値や高値を結ぶだけで使える。長期足で反転したところをつなぐだけなんで、サクッと用意できるのもいいよね。

ナニモカは月足で結んだ水平線をメインに使って、全体的な方向感を掴んでる。

デイトレやスキャルピングなんかの短期トレードでも、水平線を引くときは4時間足や時間足で結んだほうがいいだろう。

 

長期足や反転した回数が多い水平線こそ信頼できる

注意してほしいのが、水平線の引き方。月足で10本くらい引けるんだけど、週足→日足→4時間足→1時間足→30分足→15分足→5分足→1分足と短期になるに従い引ける線がめっちゃふえる。

んでね、ふえるだけならトレードチャンスもふえればいいんだけど。短期足で引ける水平線ほど信頼度もガタ落ちになる。

信頼できる水平線とは?

  • 過去に反転できた回数の多い水平線
  • 長期足で高値や安値を結んだ水平線

FIREする前にチャートにしがみ付いていたナニモカは、各水平線の突破率や反転率をエクセルで計算してホンマに信頼できるラインだけを表示していた。(今は面倒なのでやめたけど)

1分足や5分足でトレードしてる人も、水平線を引くときは長期足で見るように心がけよう。

 

どうして水平線を引くだけで勝てるのか

水平線だけでなくトレンドラインや移動平均線にそった値動きをFXはするのか。

「単純にみんながそう思いこんでるから」

初めていったコンビニなんかで会計のときにレジに迷わず並ぶのも、レジに並ぶって知ってるから。前の人の後ろに並べばいいって知ってるから。

トレーダーみんなが水平線で反発するだろって思うから機能すんのね。

  • 長期足で見てる人が多くて月足や週足の水平線が使える
  • 何度も反発したのを確認された水平線ほどより強くなる

そろそろ水平線なんで買いを入れよう!ここで反発するからポジション閉じよう…なんて思いが重なって、結果的に水平線が使えるって認識されてるんだ。

 

フィボナッチなんかと重なるとさらに

結構見てる人も多いフィボナッチ。61.8%なんかと水平線がたまに一致すると、まず突き破られないで反転する。鬼に金棒って感じ。

また移動平均線やトレンドラインと重なるときもかなり強い。ただでさえ信頼できる水平線がさらに強力になる。

信頼度を積み重ねて、自身のあるときにだけエントリーすれば勝率100%近くにするのも難しくないだろう。

いろんなテクニカル表示するとチャートが見づらくなるので、自分の得意なテクニカル+水平線って組み合わせがええかもね。

 

水平線をブレイクしたときも大きなチャンス

みんなが信用してる水平線。いつまでも機能するかって言われるとそんなことはない。ずっと続くならレンジ相場から抜け出せないからね。

水平線をブレイクしたときも大きなチャンス

長く反発してきた水平線こそ、ブレイクしたときに一気に値が動く。ポジションを持ってるトレーダーの損切りや新規の注文で1円くらい動くことも珍しくない。

信用してる相手に裏切られたときほど、ショックが大きいのとおんなじだ。

ついでに言うと利幅も決める

水平線のブレイクを狙ってトレードするときは、一呼吸おいて確実に突破したのを確認してからエントリーしよう。

 

ブレイクされた水平線は立場が入れ替わる

今までは価格を維持するために、反発してくれてた水平線(サポートライン)が突破されると抵抗線(レジスタンス)になる。

少年漫画にありがちな敵だったのに、倒したらいつの間にか仲間になってる的なやつである。

ブレイクされた水平線は立場が入れ替わる

何度も助けてくれた反発したサポートほど、突破されると強力なレジスタンスとして抵抗してくる。

ヤムチャが裏切っても簡単に倒せるけど、またベジータが敵になると面倒くさいって感じ。

つまり一度引いた水平線は、何度でも有効活用できるってこと。あんまり引くとゴチャゴチャして見づらいけど、変なところで反転して後々確認すると以前引いてたラインなんてことがよくある。

 

FXで水平線を引くときの注意点

とういうわけで水平線を使いこなすだけ、でめっちゃ勝てるってことを解説したんだけど。FXならではの注意点もあるので最後にまとめて紹介。

注意ポイント

  • ローソク足のひげで結ぶ
  • 証券会社で数値が変わる
  • 重要指標のときは危険…

ローソク足のひげで結ぶ

日本人トレーダーのほとんどが使ってるであろうローソク足。でも海外ではバーチャートとかラインチャートでトレードしてる人も多い。

ローソク足のひげで結ぶ

同じチャートでも表示する方法によって見えてくるラインも変わってくる。

日本生まれのローソク足が便利やん!ってことで海外でも使う人がふえてるけど。

世界中のトレーダーが見てるラインを引くには、ローソク足の実線ではなくヒゲで水平線を結ぶようにしよう。

 

証券会社で数値が変わる

日本国内証券会社はほとんどがDD方式。なので注文をインターバンクに通さず自社で処理するくらいは可愛いもの。

中にはレート操作して、平気でストップ狩りなんかもやってくる。

「なんだか水平線が機能しないんだけど…」

なんて人は証券会社を変えたほうがええかも。レート操作のせいで的確な水平線が引けなくなってるかもしれない。

 

重要指標のときは危険…

FOMCを始め大きく動きそうなイベントや指標のときは、あっさり水平線を破られることも。

水平線は反転ポイントとして使える代わりにブレイクされると一気に動く。確実に利益を出すためにナニモカは

  • 指標が出る前にポジションを閉じる
  • 指標後に方向性がでたらエントリー
  • トランプ大統領をフォローして監視

と徹底するようにした。トランプのツイートで何回も死にかけたが、大統領が変わってホンマによかった。

とまあ注意点もあるけど、水平線の引き方や使い方なんかも解説してみた。利確にも損切りにも使える便利なテクニカルなんでぜひ使いこなしてくださいな!今日はこの辺で終わりっ!

  • この記事を書いた人

ナニモカ@FIRE 九州移住

自由気ままなFIRE満喫中。 好きな物刺身。嫌いな物コロナ。

-FIRE, FX

Copyright© nanimoka , 2021 All Rights Reserved.