FIRE FX

FIRE(アーリーリタイア)するなら、とりあえずなんか投資しとけって話。

FIRE(アーリーリタイア)するなら、とりあえずなんか投資しとけって話。はいどうもこんにちは、こんばんわ。30代で完全にFIREしたナニモカです。

FIRE(アーリーリタイア)を成功するために必要なのは、とにかく計画あるのみ。

何歳までにいくら貯めて、どんな生活をしたいのか。目標を明確にすることで、貯金がふえるたびに、テンションが上がってくる。

とはいえ、給料だけをため込んでいても、なかなかFIRE生活を実現するのは難しい。

ナニモカの場合は本業+副業×投資。本業で最低限の生活をキープしつつ。副業ででた利益を投資に入れ続けたおかげで、予定より10年早くFIREできた。

FIREするために貯めた資金を銀行に入れても利子はほんの少し…ただただ銀行が喜ぶだけ。僕たちのお金を使って他人から金利を奪ってるんだからね…

投資した方がいいなんて言われても、何から始めたらいいかわかんない!なんて方のために。今回はFIRE生活をするために始めた方がいい投資について説明する。

 

FIREするために長期投資なら米国株

FIREするために長期投資なら米国株はじめに勘違いして欲しくないのだけど副業=投資って考える人が多い。

副業でFXやってます!なんて相談を受けることも多いけど、FXは投資な。というよりもそんな人は、投資じゃなくギャンブル気分でFXをやってる。

FXなんて上がるか下がるかの二択。手数料や税金を考えなければ50%で利益が出るので、適当にトレードしても利益を出せる人がいるだろう。

でもいつか破綻して利益を全部なくす人がほとんど。勝率50%弱のルーレットで勝ち続けられないのと一緒だね。

本業で確実な収入を得て、副業で得たあぶく銭利益を投資でふやす。生活費を突っ込むわけじゃないから、メンタル的にも有利な投資先をまずは紹介しよう。

 

王道のS&P500に投資

買っておけば、まずまず間違いないのがアメリカ株。よくわからなければ、S&P500辺りの指数を購入しておけばいい。

FIREと言えばアメリカ株と言われる理由は、とにかくふやしやすいから。買っておけば無限に上がる気がするから、人気があるのは当然だろう。

実際は無限に上がる気がするじゃなくて、本当に無限に上がってる。

王道の米国株投資

S&P500が上がり続ける理由は、ほんとうにシンプル。伸び代のある強い会社しか指数に選ばれないから。毎年20社以上が入れ替えられてるんだから、上がって当たり前だよね。

 

ナスダックやダウ平均も捨てがたい

アメリカの代表的な500銘柄を指数化したS&P500だけでなく

  • ベンチャー企業向け株式市場のナスダック
  • 米国株の中から選ばれた30銘柄のダウ平均

なんかも長期投資先としてオススメ。どの個別株に投資したらいいのかわからない人は、アメリカの指数を選んでいる人が多いようだ。日本で例えると、JASDAQやマザーズのような位置づけのナスダック NASDAQへの投資

またアメリカ株の中でも時価総額が大きく、企業として高い名声を得ている企業から構成されるダウ平均も同じように大きく伸びている。

ダウ平均チャート

30~40年ほど前に投資を始めていれば、100万円が4,000万円以上になっていたアメリカの指数。

FIRE生活のために長期投資を始めるなら、少しでも早い方がいいだろう。ただしどんなにアメリカの経済が伸びていると言っても、表を見てわかるように、常に上がり続けてるわけではない。

 

アメリカの経済が落ち込んだ理由

アメリカの経済が落ち込んだ理由S&P500もナスダックもダウ平均も、ほとんど同じ時期に下落してる理由もシンプル。なんやかんやと重大事件が起きたから。

2000年8月~2002年9月ごろにかけての値下がりは、ITバブルの崩壊。アメリカ同時多発テロなどの影響もあり、じわじわと値下げすることになった。

2007年10月〜2009年3月にかけては、リーマンショック。アメリカの不動産価格の上昇が頭打ちし、サブプライム問題として連日ニュースを賑やかしたやつ。

んで、2019年12月〜2020年3月にかけての急落は、今でもまだ解決したと言えないコロナショック。30%以上の急落を見せることになった。

とは言え、現在は急落以上の回復を見せて2020年以前に購入した人は大幅な利益が出てるのがアメリカの指数。とにかく買っときゃ儲かるって話だった。

 

日本株は投資する価値がない?

 

日本株は投資する価値がない?

んーーー。アメリカ株と見比べると、魅力的に見えない日経平均。

これでも日銀が年に12兆円も使って買い支えた結果なんだから、いかにアメリカ株に比べて弱いかがわかると思う。

さらにナニモカが日本株を扱わなくなった理由がね。某野○証券なんかが海外の子会社を使って、空売り爆撃をしてるのを知ったから。

顧客には日本株を勧めといて。海外の子会社の資金力で、日本の将来性のある企業にひたすら空売りを仕掛けてんの。

もうねアホかと。どんなに業績がよくても、空売りファンドに目をつけられたらOUT。自己防衛する方法を知ってる海外の企業に比べて、貧弱すぎる日本企業。

Nikkei225値動き

直近で一番下落したときから考えても4倍。4倍ですよ…。アメリカ株は40倍のパフォーマンスを見せたのに日経平均は4倍。

しかも、下がるときはガッツリと下がる日本株。これはリスクとリターンがあってない投資だよね。

 

とりあえず長期投資するならアメリカ株

というわけで軽く締めると落ち目の日本株なんかより、成長を約束されたアメリカ株。

中国やロシアに負けない強いアメリカを主張するために。国家や企業が一丸となって株価を上げる演出をしてるので、株価が上がって当たり前ってのもあるのだろう。

ナニモカは最近インド株もいいかなーって思ってるけど。色々と敷居が高いので、今のところはアメリカ株に集中。

後数年のうちにAmazonやGoogleやAppleが落ち目になるとは思えないよね?

日本の証券会社でもアメリカ株の取り扱いが増えてきたんで、興味のある人はぜひチャレンジしてくださいな!

 

現実問題長期投資だけじゃなかなかリタイアできない

現実問題長期投資だけじゃなかなかリタイアできないもっと早く。できれば小学生くらいから投資してればなー、なんて思う今日この頃。

長期投資は一年でも、1ヶ月でも早く始めた方がいい。小学校で英語なんて教えても、使い物にならないっしょ?

どうせなら義務教育に正しい投資の仕方なんて、組み込んだ方がいいと思うんだけどね…。

長期投資はその名の通り何年間もかけて利益を出す投資方法。一度にドバーっと購入するわけじゃない。毎日毎月積み立てることで、急な値下がりにも対応できる守りの投資とも言えるだろう。

ナニモカはアメリカ株の長期投資+FXの攻めの短期投資。二つを組み合わせてFIREを実現した。

 

FIREするために資産は絶対に減らせない

投資をする以上、資産は減らしたくない。でも稼ぎたい!なんてわがままな考えで、ナニモカはいろんな短期投資に挑戦した

ポイント

  • ビットコイン
  • アルトコイン
  • 日本国内株式
  • アメリカ株式
  • 中国の株式
  • 日本証券FX
  • 海外取引FX

といろんな物に手を出した。初期に買えたけど、300万くらいで利確したビットコイン。持ち続けていれば600万オーバーで売れたけど、自分で納得した金額だから仕方ない。

仮想通貨とか暗号通貨というけどね。通貨として使う人を見なかったのが手放した原因。行きつけの焼肉屋さんやカフェで使えたけど、誰も使ってねーぞってことで急に胡散臭くなって手放した。

投資をする以上、ある程度のリスクを抱えるのは仕方ない。みんながみんな儲かったら投資なんて成り立たないからね。

リスクに見合ったリターンが得られるのかを考えると、自分にあった短期投資が見つかると思うよ。

 

簡単に稼げたのは海外FXだった

ナニモカの投資方法はシンプル。できる限りリスクを抑えて、チャンスのときに大きく稼ぐ。チャートや板を見て気分が乗らなければ、トレードしない日も。

そんな僕にぴったりだったのがFX。それも海外取引所を使った取引方法だった。

ポイント

  • ビットコイン(高くなりすぎて今更触りたくない)
  • アルトコイン(0円になる可能性のある通貨なんて)
  • 日本国内株式(借金を背負う可能性のある追証)
  • アメリカ株式(短期値幅をとるよりS&P500で長期)
  • 中国の株式(コロナ&情報規制でよくわからない)
  • 日本証券FX(借金を背負う可能性のある追証)
  • 海外取引FX(今のところ不満なく自分に向いてた)

まあ人によっては海外FXよりも、国内証券会社の方がいいとか。株式の方が稼ぎやすいなんてこともあるだろう。

ナニモカが重視したのは、絶対に資産を減らさないこと。トレードのミスじゃなくて突発的な事故や事件でも、大損をしないことだ。

インフルエンサーのツイートで、暴騰や急落するビットコインやアルトコインは完全却下。

値幅制限があるくせに、問題が起きてストップ安になったら底無し沼の国内株式。

最大レバレッジが25倍と海外の40倍ほどの資金を拘束される国内FX。どちらも証券会社を守るためだけに作られたしょうもない追証で借金を背負う可能性があるので問題外。

成長に期待してた中国株には稼がせてもろたけど…コロナできな臭くなったので終了。まだまだ伸びると思うんだけど、世論が中国包囲網を敷きそうなので撤退した。

アメリカ株は気に入った株を買って放置しとけば勝手に儲かるので、デイトレやスキャルピングなんて必要ない。

結果的に残ったのが海外FX。ナニモカの使ってる2つの取引所は最大1,000倍と500倍のレバレッジがかけられる。

国内FXの40分の1の資金で、追証で借金をくらうリスクなくトレードできるんだから、まさに目指してた投資方法だった。

 

FIREのために自分にあった投資を見つけよう

現在のナニモカはS&P500にある程度資金を入れて、アメリカの個別株をちょことちょこと13銘柄くらいつまみ食い。

九州へ引っ越して数ヶ月が過ぎて生活にも慣れてきたので、少しの資金で海外FXを再開した。

海外FXを再開したと言っても、日本(8時)〜ロンドン(16~21時)まではほとんどさわらない。チャートすら見てない。21時以降のニューヨークタイム限定のFX。

ニューヨーク時間の勝率が一番高くて簡単に稼げるので、他の時間は飯を食べに行ったり犬の散歩をしたり。日が沈むまでバルコニーで読書しながらゆっくり時間が過ぎていく。

持っているのもアメリカの指数や個別株なんで、ニューヨーク時間にFXしてた方が何かあったときに対応しやすいんだよね。

日中働いてるサラリーマンが日本株を触ってると、突然の値動きにトイレに駆け込まないといけないこともあるだろう。

FXのニューヨーク時間は大きく動くことも多く。ある程度のリスクを許容できるなら、大きく稼ぐことも難しくない。

FIREを目指してる人には、ぴったりの投資方法だと思うけどみんなはどう思う?

次回はナニモカが実践してるFXの勝率を上げる手法を書こうかな。今日はこの辺で終わりっ!

  • この記事を書いた人

ナニモカ@FIRE 九州移住

自由気ままなFIRE満喫中。 好きな物刺身。嫌いな物コロナ。

-FIRE, FX

Copyright© nanimoka , 2021 All Rights Reserved.